本文へ

文字サイズ変更

  • 標準
  • 特大
HOME Q&A 一覧 オミクロン株対応ワクチン
オミクロン株対応ワクチンの接種にはどのような効果がありますか。

オミクロン株対応ワクチンの接種にはどのような効果がありますか。

オミクロン株対応ワクチンの接種により、従来のワクチンの接種と比較して、中和抗体価と中和抗体応答率が同等以上であることが確認され、重症化・感染・発症を予防する効果が期待されています。

ファイザー社のオミクロン株対応2価ワクチン(従来株/オミクロン株BA.1)については、海外で実施された臨床試験において、従来の1価ワクチン(従来株)を3回接種した者を対象に、本ワクチンの追加(4回目)接種から1か月後のオミクロン株BA.1に対する中和抗体価(*1)と中和抗体応答率(*2)を評価したところ、従来ワクチンの追加接種に比べて、それぞれ優越性と非劣性が示されたことが確認されています。

モデルナ社のオミクロン株対応2価ワクチン(従来株/オミクロン株BA.1)については、海外で実施された臨床試験において、従来の1価ワクチン(従来株)を3回接種した者を対象に、本ワクチンの追加(4回目)接種から28日後のオミクロン株BA.1に対する中和抗体価と中和抗体応答率を評価したところ、従来ワクチンの追加接種に比べて、それぞれ優越性と非劣性が示されたことが確認されています。

また、新型コロナワクチン接種後の中和抗体価と発症予防効果との相関性(※1)や、オミクロン株による新型コロナウイルス感染症に対する、従来の1価ワクチンの効果が報告されている(※2)ことから、オミクロン株対応2価ワクチンの追加接種による、一定の発症及び重症化を予防する効果が期待され、日本ではファイザー社製、モデルナ社製のどちらも令和4年(2022年)9月12日に薬事承認がなされています。

なお、厚生科学審議会において、現時点の医学的知見に基づき、従来の1価ワクチンとオミクロン株対応の2価ワクチンの免疫原性(*3)の比較から、オミクロン株対応2価ワクチンの追加接種により、従来の1価ワクチンを上回る重症化予防効果と、短期間の可能性はあるものの、オミクロン株に対する感染・発症予防効果が期待される、と判断されています。

(*1)ウイルスの感染力または毒素の活性を中和できる抗体の数値
(*2)中和抗体価がベースライン値(1回目接種前の数値)から4倍以上に上昇した被験者の数
(*3)抗体の産生や細胞性免疫を誘導する性質

(参考資料)
PMDAの審査報告書(ファイザー社のオミクロン株対応2価ワクチン)
PMDAの審査報告書(モデルナ社のオミクロン株対応2価ワクチン)
オミクロン株対応2価ワクチンの有効性及び安全性について(第37回 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より抜粋)
※1:Nature Med. 2021 May 17; 27: 1205-1211
(Neutralizing antibody levels are highly predictive of immune protection from symptomatic SARS-CoV-2 infection)
※2:CDC:ACIP Presentation Slides: April 20, 2022 Meeting
(COVID-19 Vaccine Effectiveness during Omicron)

新型コロナワクチン
コールセンター

国内からおかけいただく場合
(フリーダイヤル)

0120-761770
海外からおかけいただく場合
(通話料がかかります)

(+81)50-3734-0348
対応言語
日本語英語中国語韓国語
ポルトガル語スペイン語タイ語ベトナム語
受付時間(土日・祝日も実施) ※日本時間
日本語英語中国語韓国語ポルトガル語スペイン語 9時00分~21時00分
タイ語 9時00分~18時00分
ベトナム語 10時00分~19時00分
聴覚に障害のある方は、
一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ
ご覧ください。