本文へ

文字サイズ変更

  • 標準
  • 特大
HOME Q&A 一覧 追加接種
従来ワクチン(1価)による追加(4回目)接種には、どのような効果がありますか。

従来ワクチン(1価)による追加(4回目)接種には、どのような効果がありますか。

感染予防効果は短期間しか持続しなかったという報告がある一方、重症化予防効果は6週間経過しても低下せず維持されていたことや、死亡予防効果を示唆する報告があります。※令和4年(2022年)9月20日からは、4回目接種となる方も含めて、オミクロン株対応2価ワクチンによる追加接種を受けていただくこととしています。

ファイザー社の従来ワクチン(1価)は、オミクロン株流行下において、3回目接種と比較した4回目接種の感染予防効果が、60歳以上の者において短期間しか持続しなかった一方、重症化予防効果は4回目接種後6週間低下しなかったとする報告(※1)や、接種後30日間で、感染予防効果が45%、発症予防効果が55%、入院予防効果が68%、重症化予防効果が62%、死亡予防効果が74%であったとする報告(※2)、60歳から100歳の者において、死亡、入院のハザード比がそれぞれ78%、64%減少したとの報告(※3)等があります。

日本においても、新型コロナワクチンの4回目接種を受けた人を対象に接種後の健康状況に係る調査を実施しており、接種前後の抗スパイクタンパク質抗体価の推移や、一定期間内に見られた症状等を調査しています。

令和4年10月7日の中間報告によると、3回目接種を完了した人が4回目にファイザー社又はモデルナ社のワクチンを接種した場合、いずれのワクチンでも接種から1か月後にはスパイクタンパク質に対する抗体価が上昇していることが確認されています(ファイザー社の場合:約4.6倍、モデルナ社の場合:約4.0倍)。

なお、それぞれの調査において、調査対象者の数、年齢分布、性別の分布が異なることから、それぞれの調査結果について、直接の比較は難しいことに留意が必要です。

武田社(ノババックス)のワクチンについては、初回(1回目・2回目)接種を終えた18歳以上の健康な人を対象に実施された臨床試験において、初回接種後に上昇した中和抗体価は、時間の経過とともに徐々に低下するものの、同ワクチンの3回目接種や4回目接種により、2回接種後に比べて高い中和抗体価(3回目接種後は3.5倍、4回目接種後は3.7倍)が得られることが確認されていることから、一定の有効性が期待できるとされています。

なお、令和4年(2022年)9月20日からは、4回目接種となる方も含めて、初回(1回目・2回目)接種を完了した方は、基本的にオミクロン株対応2価ワクチンによる追加接種を受けていただくこととしています(「令和4年秋開始接種」)。
オミクロン株対応2価ワクチンについて詳しくはこちらをご覧ください。

(参考資料)
コミナティ筋注、スパイクバックス筋注の4回目接種について(令和4年度第2回薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会資料)
コミナティ筋注、スパイクバックス筋注の4回目接種の対応について(令和4年度第2回薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会資料)
新型コロナワクチンの4回目接種の有効性、安全性等(第32回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より抜粋)
リーフレット「4回目接種のお知らせ(接種対象者拡大:医療従事者や高齢者施設の従事者など)」(厚生労働省)
リーフレット「オミクロン株対応2価ワクチン接種のお知らせ」(厚生労働省)
リーフレット「令和4年秋開始接種のお知らせ」(厚生労働省)
新型コロナワクチンの追加接種後の健康状況調査(厚生労働省)
武田社ワクチン(ノババックス)の有効性、安全性等(第40回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より抜粋)
※1:N Engl J Med 2022; 386:1712-1720
(Protection by a Fourth Dose of BNT162b2 against Omicron in Israel)
※2:N Engl J Med 2022; 386:1603-1614
(Fourth Dose of BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine in a Nationwide Setting)
※3:Nature Medicine. 2022 April
(Effectiveness of a second BNT162b2 booster vaccine against hospitalization and death from COVID-19 in adults aged over 60 years)

新型コロナワクチン
コールセンター

国内からおかけいただく場合
(フリーダイヤル)

0120-761770
海外からおかけいただく場合
(通話料がかかります)

(+81)50-3734-0348
対応言語
日本語英語中国語韓国語
ポルトガル語スペイン語タイ語ベトナム語
受付時間(土日・祝日も実施) ※日本時間
日本語英語中国語韓国語ポルトガル語スペイン語 9時00分~21時00分
タイ語 9時00分~18時00分
ベトナム語 10時00分~19時00分
聴覚に障害のある方は、
一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ
ご覧ください。