本文へ

文字サイズ変更

  • 標準
  • 特大
HOME Q&A 一覧 私は接種できますか?
新型コロナウイルスに感染したことのある人は、ワクチンを接種することはできますか。

新型コロナウイルスに感染したことのある人は、ワクチンを接種することはできますか。

新型コロナウイルスに感染した方もワクチンを接種することができます。

既に新型コロナウイルスに感染した方も、新型コロナワクチンを接種することができます(※1)。むしろ接種を推奨している国もあり、これは、このウイルスが一度感染しても再度感染する可能性があることと、自然に感染するよりもワクチン接種の方が新型コロナウイルスに対する血中の抗体の値が高くなることが報告されているからです(※2、※3)。

新型コロナウイルスに感染した方が、体調が回復して接種を希望する際には、その治療内容や感染からの期間にかかわらず新型コロナワクチンを接種することができます。米国CDCは、感染者がモノクローナル抗体または回復期血漿による治療を受けた場合の、ワクチンの有効性と安全性に関するデータはないとした上で、治療後90日以内の再感染は稀であることから、ワクチンの接種は当該治療から90日間空けることを推奨(*)していますが、本人が速やかにワクチン接種を希望する場合には、必ずしも90日間を空ける必要はありません。本人が治療内容を記憶していない場合であっても、速やかにワクチン接種を希望する場合は、治療から 90 日間経過していなくても接種は可能です。
なお、隔離期間中は、感染性が十分低下していないので、外出はお控えください(濃厚接触者も同様)。
(*)事前に感染したかどうかを検査して確認する必要はありません。

また、感染歴のある方に接種すると、感染歴のない方に接種した時よりも、高い抗体価を得られた(※4)という報告はありますが、1回の接種で、十分な効果が得られるかどうかはわかっていません。一方、発熱といった全身性の副反応や、接種部位の痛みといった局所の副反応が、感染歴のない方と比べると高い割合で発現するといった報告もあります。(※5)

なお、米国CDCからは以下のような見解が示されています。
・隔離を中止するための基準が満たされるまで延期する必要がある。
・新型コロナウイルス再感染のリスクは感染後の最初数か月では低く、免疫力の低下により時間とともに増加する可能性があることが示唆されていることから、新型コロナウイルス感染症に最近罹患した人は、必要に応じてワクチン接種を一時的に遅らせることを選択できる。
・加えて、モノクローナル抗体または回復期血漿での治療を受けた場合は、治療から少なくとも90日以降にワクチンを接種することが勧められる。

(参考資料)
既感染者への接種について(第21回 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より抜粋)
既感染者に対するワクチン接種の効果等(第24回 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より抜粋)
※1:CDC. Interim Clinical Considerations for Use of mRNA COVID-19 Vaccines Currently Authorized in the United States
※2:Nature. 2020;586:594-599
(COVID-19 vaccine BNT162b1 elicits human antibody and TH1 T cell responses)
※3:N Engl J Med. 2021;384:80-82
(Durability of Responses after SARS-CoV-2 mRNA-1273 Vaccination)
※4:N Engl J Med 2021; 384:1372-1374
(Antibody Responses in Seropositive Persons after a Single Dose of SARS-CoV-2 mRNA Vaccine)
※5:Lancet. 2021 April, Epub
(Vaccine side-effects and SARS-CoV-2 infection after vaccination in users of the COVID Symptom Study app in the UK: a prospective observational study)

新型コロナワクチン
コールセンター

電話番号 (フリーダイヤル)
0120-761770
対応言語
日本語英語中国語韓国語
ポルトガル語スペイン語タイ語ベトナム語
受付時間(土日・祝日も実施)
日本語英語中国語韓国語ポルトガル語スペイン語 9時00分~21時00分
タイ語 9時00分~18時00分
ベトナム語 10時00分~19時00分
聴覚に障害のある方は、
一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ
ご覧ください。