本文へ

文字サイズ変更

  • 標準
  • 特大
HOME Q&A 一覧 ワクチンの仕組み
組換えタンパクワクチンとはどのようなワクチンですか。

組換えタンパクワクチンとはどのようなワクチンですか。

組換えタンパクワクチンである武田社のワクチン(ノババックス)は、新型コロナウイルスの表面にあるスパイクタンパク質の遺伝子をもとに作られた組換えタンパク質を有効成分とするワクチンであり、接種後、ヒトの体内でスパイクタンパク質に対する免疫が誘導されることで、新型コロナウイルス感染症の予防ができると考えられています。

組換えタンパクワクチンである武田社のワクチン(米国ノババックス社から技術移管を受けて武田薬品工業株式会社が国内で生産、流通を行うもの)は、新型コロナウイルスの表面にあるスパイクタンパク質の遺伝子をもとに作られた組換えタンパク質をナノ粒子化した製剤で、免疫の活性化を促進するためのアジュバントが添加されています。本ワクチンの接種により組換えスパイクタンパク質がヒトの細胞内に取り込まれると、スパイクタンパク質に対する中和抗体産生及び細胞性免疫応答が誘導されることで、新型コロナウイルスによる感染症の予防ができると考えられています。また、組換えタンパクワクチンは不活化ワクチンの一種であり、日本においても、B型肝炎ウイルスワクチンなど、他のワクチンでの使用実績があります。

これまで予防接種法に基づき日本で接種が進められてきた新型コロナワクチンには、mRNAワクチンであるファイザー社及び武田/モデルナ社のワクチン、ウイルスベクターワクチンであるアストラゼネカ社のワクチンがありましたが、令和4年5月25日から、新たに武田社のワクチン(ノババックス)が加わりました。

武田社のワクチン(ノババックス)の詳細はこちらをご覧ください。

(参考資料)
武田社組換えタンパクワクチン(ノババックス)の特徴等(第32回 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より抜粋)

新型コロナワクチン
コールセンター

国内からおかけいただく場合
(フリーダイヤル)

0120-761770
海外からおかけいただく場合
(通話料がかかります)

(+81)50-3734-0348
対応言語
日本語英語中国語韓国語
ポルトガル語スペイン語タイ語ベトナム語
受付時間(土日・祝日も実施) ※日本時間
日本語英語中国語韓国語ポルトガル語スペイン語 9時00分~21時00分
タイ語 9時00分~18時00分
ベトナム語 10時00分~19時00分
聴覚に障害のある方は、
一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ
ご覧ください。