本文へ

文字サイズ変更

  • 標準
  • 特大
HOME Q&A 一覧 追加接種
海外ではどのような人に追加(4回目)接種が行われていますか。

海外ではどのような人に追加(4回目)接種が行われていますか。

4回目接種の開始を決定している諸外国では、対象者を重症化リスクの高い者等に限定しています。

諸外国においては4回目接種の開始を決定している国が増加しており、これらの国では対象者を重症化リスクの高い者等に限定しています。3回目接種から4回目接種までの間隔は、国によってばらつきがあります。

例えば米国では、追加接種から4か月以上が経過した、50歳以上の者、中等度から重度の免疫不全者等が対象となっています。

また、英国では、追加接種から6か月以上が経過した、75歳以上の者、介護施設に居住する高齢者、12歳以上の免疫不全者等が対象となっています。

(2022年4月25日時点)

(参考資料)
諸外国の4回目接種の対応状況について(第32回 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より抜粋)

新型コロナワクチン
コールセンター

国内からおかけいただく場合
(フリーダイヤル)

0120-761770
海外からおかけいただく場合
(通話料がかかります)

(+81)50-3734-0348
対応言語
日本語英語中国語韓国語
ポルトガル語スペイン語タイ語ベトナム語
受付時間(土日・祝日も実施) ※日本時間
日本語英語中国語韓国語ポルトガル語スペイン語 9時00分~21時00分
タイ語 9時00分~18時00分
ベトナム語 10時00分~19時00分
聴覚に障害のある方は、
一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ
ご覧ください。