本文へ

文字サイズ変更

  • 標準
  • 特大
HOME Q&A 一覧 追加接種
追加(4回目)接種はどのような人が対象になりますか。

追加(4回目)接種はどのような人が対象になりますか。

4回目接種は、重症化予防等を目的として実施しています。3回目接種から5か月以上が経過した、①60歳以上の方、②18歳以上60歳未満で、基礎疾患を有する方や重症化リスクが高いと医師が認める方、医療従事者等及び高齢者施設等の従事者、が対象です。

4回目接種は、重症化予防等を目的として、令和4年(2022年)5月25日から開始されています。接種対象者は、3回目接種から5か月以上が経過した下記の方となっています。

  • 60歳以上の方
  • 18歳以上60歳未満で、
    ・基礎疾患を有する方や重症化リスクが高いと医師が認める方
    ・医療従事者等及び高齢者施設等の従事者

新型コロナウイルスに感染すると、基礎疾患を有する方は重症化しやすいことに加え、高齢の方や妊娠している方も重症化しやすいことが科学的に明らかとなってきています(※1)。また、海外の報告によれば、喫煙や身体不活動(*)といった生活習慣がある方も重症化しやすいとされています(※2)。これらを踏まえ、接種にあたっては、医学的見地から総合的に判断される必要があります。
(*)例えば、米国では通常の人の生活と比較して、極度に運動が不足している状態の人の重症化リスクが高いという報告があります(※3)。

基礎疾患等で医療機関を受診している方や、事前に相談できる医療機関をお持ちの方は、4回目接種について、その医療機関の医師にご相談ください。事前に相談できる医療機関をお持ちでない方は、接種会場の予診の際にご相談ください。

重症化リスクが高い基礎疾患を有する者の範囲についてはこちらをご覧ください。また、医療従事者等及び高齢者施設等の従事者の範囲についてはこちらをご覧ください。

(参考資料)
重症化リスクの高い基礎疾患を有する者の範囲について(第32回 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より抜粋)
※1:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き 第8.0版
※2:CDC:People with Certain Medical Conditions 2022/5/2
※3:Br J Sports Med. 2021 Oct;55(19):1099-1105.
(Physical inactivity is associated with a higher risk for severe COVID-19 outcomes: a study in 48 440 adult patients)

新型コロナワクチン
コールセンター

国内からおかけいただく場合
(フリーダイヤル)

0120-761770
海外からおかけいただく場合
(通話料がかかります)

(+81)50-3734-0348
対応言語
日本語英語中国語韓国語
ポルトガル語スペイン語タイ語ベトナム語
受付時間(土日・祝日も実施) ※日本時間
日本語英語中国語韓国語ポルトガル語スペイン語 9時00分~21時00分
タイ語 9時00分~18時00分
ベトナム語 10時00分~19時00分
聴覚に障害のある方は、
一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ
ご覧ください。