本文へ

文字サイズ変更

  • 標準
  • 特大
HOME Q&A 一覧 追加接種
海外ではどのくらい追加(3回目)接種が行われているのでしょうか。

海外ではどのくらい追加(3回目)接種が行われているのでしょうか。

既に複数の国で3回目接種が行われています。

海外では、2021年7月にイスラエルで3回目接種が開始されているほか、同年8月以降には、米国や英国等、複数の国で3回目接種が行われています。

ファイザー社のワクチンの3回目接種については、米国やフランス、ドイツ、イスラエルでは12歳以上の者を対象に推奨している一方、英国では16歳以上の者及び12~15歳のうち重症化リスクの高い者等、カナダでは18歳以上の者及び12~17歳のうち重症化リスクの高い者等に対して推奨しています。

モデルナ社のワクチンの3回目接種については、米国や英国、イスラエルでは18歳以上の者、フランスやドイツでは30歳以上の者、カナダでは18歳以上の者及び12~17歳のうち重症化リスクの高い者等に対して推奨しています。

2022年3月23日時点)

(参考資料)
諸外国における新型コロナワクチン追加接種の状況(第31回 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より抜粋)
諸外国における新型コロナワクチン追加接種の状況等(第32回 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より抜粋)

新型コロナワクチン
コールセンター

国内からおかけいただく場合
(フリーダイヤル)

0120-761770
海外からおかけいただく場合
(通話料がかかります)

(+81)50-3734-0348
対応言語
日本語英語中国語韓国語
ポルトガル語スペイン語タイ語ベトナム語
受付時間(土日・祝日も実施) ※日本時間
日本語英語中国語韓国語ポルトガル語スペイン語 9時00分~21時00分
タイ語 9時00分~18時00分
ベトナム語 10時00分~19時00分
聴覚に障害のある方は、
一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ
ご覧ください。