本文へ

文字サイズ変更

  • 標準
  • 特大
HOME Q&A 一覧 接種の見通し
日本の新型コロナワクチン接種はどうなりますか。

日本の新型コロナワクチン接種はどうなりますか。

国内で薬事承認され、予防接種法に基づく接種の対象となったワクチンを、出来るだけ早く、国民の皆さまに提供していきます。

日本政府は、2021年から供給を受けるワクチンとして、ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社から合計で3億6,400万回分のワクチン供給を受けることについて合意しました。1人に2回接種を行うとした場合、1億8,200万人分となります。また、2022年から供給を受けるワクチンとして、ファイザー社、モデルナ社、武田社(※)から追加(3回目)接種等のために合計5億1,800万回分の供給を受けることについて合意しています。
(※)米国ノババックス社から技術移管を受けて武田薬品工業株式会社が国内で生産、流通を行うもの。

日本では、ファイザー社のワクチンが、2021年2月14日に薬事承認され、同月17日から接種が開始されています。また、モデルナ社及びアストラゼネカ社のワクチンが2021年5月21日に薬事承認され、うち、モデルナ社のワクチンは同月24日から接種が開始されています。アストラゼネカ社のワクチンについては、原則40歳以上の方(ただし、他の新型コロナワクチンに含まれる成分に対してアレルギーがあり接種できない等、特に必要がある場合は18歳以上の方)を対象に、同年8月3日より予防接種法に基づく接種の対象となりました。武田社のワクチン(ノババックス)については、2022年4月19日に薬事承認され、同年5月25日から接種が開始されています。

国内で薬事承認され、予防接種法に基づく接種の対象となったワクチンは、出来るだけ早く国民の皆さまに提供します。2021年12月1日からは3回目接種が開始され、2回の接種が完了したすべての方を対象に、3回目接種の機会を提供することとなりました。現時点では、ファイザー社のワクチンを12歳以上に、モデルナ社又は武田社(ノババックス)のワクチンを18歳以上の方に接種します。また、2022年1月21日には、ファイザー社の小児(5~11歳)用ワクチンが薬事承認され、同年2月下旬から接種が開始されています。一方で、5歳以上の方で、これから1回目の接種を希望する方や、様々な事情により接種がまだ受けられていない方などを対象に、引き続き、接種の機会を提供していきます。

同年5月25日からは、60歳以上の方、及び18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する方や重症化リスクが高いと医師が認める方を対象に4回目接種が開始され、同年7月22日からは、18歳以上60歳未満の医療従事者等及び高齢者施設等の従事者が対象に加わりました。

なお、接種を希望される方は、1~4回目のいずれも、無料で受けることができます。

接種についての具体的なお知らせはこちらを、ワクチンの供給の見通しはこちらを、接種の実績はこちらをご覧ください。また、追加接種の詳細はこちらをご確認ください。

(参考資料)
ワクチンの確保に関する取組(令和4年3月25日時点)

新型コロナワクチン
コールセンター

国内からおかけいただく場合
(フリーダイヤル)

0120-761770
海外からおかけいただく場合
(通話料がかかります)

(+81)50-3734-0348
対応言語
日本語英語中国語韓国語
ポルトガル語スペイン語タイ語ベトナム語
受付時間(土日・祝日も実施) ※日本時間
日本語英語中国語韓国語ポルトガル語スペイン語 9時00分~21時00分
タイ語 9時00分~18時00分
ベトナム語 10時00分~19時00分
聴覚に障害のある方は、
一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ
ご覧ください。