本文へ

文字サイズ変更

  • 標準
  • 特大
HOME Q&A 一覧 オミクロン株対応ワクチン
いつからオミクロン株対応ワクチンを接種できるのですか。

いつからオミクロン株対応ワクチンを接種できるのですか。

前回の接種から5か月以上の間隔をあけて接種が可能となりますが、まずは、従来の4回目接種対象者(60歳以上の方、基礎疾患を有する方等)から接種を開始することとしています。接種時期について詳しくは、お住まいの市区町村にご確認ください。

前回の接種から5か月以上の間隔(*1)をあけて接種が可能となります。令和4年(2022年)9月時点で4回目接種の対象(*2)である方は、令和4年9月20日から順次接種できるようになります。
同月時点で4回目接種の対象ではない方については、同年10月半ばを目途に接種を開始できるよう、準備を進めています。詳しいスケジュールは自治体によって異なりますので、お住まいの市区町村にご確認ください。

(*1)接種間隔は短縮する方向で検討を進めており、同年10月下旬までに結論を得ることとしています。
(*2)3回目接種から5か月以上が経過した、①60歳以上の方、②18歳以上60歳未満で、基礎疾患を有する方や重症化リスクが高いと医師が認める方、医療従事者等及び高齢者施設等の従事者

なお、接種歴別のオミクロン株対応ワクチンの接種開始時期について、目途等は下記のとおりですが、オミクロン株対応ワクチンの接種対象に該当する方も、本ワクチンが接種可能になるタイミングを待つことなく、接種時期が来たときに、その時点で活用できるワクチンを速やかに接種することが重要です。現在の感染状況を踏まえ、接種のご検討をお願いいたします。

  • 新型コロナワクチンを接種したことがない方、または1回目のみ接種を終えた方
    1・2回目については、従来のワクチンで接種が行われます。3回目からオミクロン株対応ワクチンを接種できます。お早めに従来のワクチンでの接種をご検討ください。
  • 2回目の接種を終えた方
    令和4年10月半ばを目途に準備を進めています。
  • 3回目の接種を終えた方
    令和4年9月時点で4回目接種対象の方は、同年9月20日から順次接種可能となります。4回目接種対象ではない方については、同年10月半ばを目途に準備を進めています。
  • 4回目の接種を終えた方
    オミクロン株対応ワクチンについても、前回接種から5か月間隔をあける必要があります。
    ただし、接種間隔は今後短縮される可能性があるため、市区町村からのお知らせをご確認ください。

(参考資料)
リーフレット「オミクロン株対応2価ワクチン接種のお知らせ」(厚生労働省)

新型コロナワクチン
コールセンター

国内からおかけいただく場合
(フリーダイヤル)

0120-761770
海外からおかけいただく場合
(通話料がかかります)

(+81)50-3734-0348
対応言語
日本語英語中国語韓国語
ポルトガル語スペイン語タイ語ベトナム語
受付時間(土日・祝日も実施) ※日本時間
日本語英語中国語韓国語ポルトガル語スペイン語 9時00分~21時00分
タイ語 9時00分~18時00分
ベトナム語 10時00分~19時00分
聴覚に障害のある方は、
一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ
ご覧ください。