本文へ

文字サイズ変更

  • 標準
  • 特大
HOME Q&A 一覧 追加接種
なぜ、追加(3回目)接種が必要なのですか。

なぜ、追加(3回目)接種が必要なのですか。

日本で接種が進められているワクチンは、デルタ株等だけでなく、オミクロン株に対しても発症予防効果や重症化予防効果等が確認されていますが、その効果は経時的に低下していきます。このため、感染拡大防止及び重症化予防の観点から、初回(1回目・2回目)接種を完了したすべての方に対して、3回目接種の機会を提供することが望ましいとされています。

日本で接種が進められているワクチンは、デルタ株等に対して高い発症予防効果があり、感染や重症化を予防する効果も確認されています。しかしながら、感染予防効果等は時間の経過に伴い、徐々に低下していくことが、様々な研究結果等から示唆されています。

例えば、ファイザー社のワクチンを接種された人の情報を集めた米国での研究によると、12歳以上における感染予防効果は、2回目接種後1か月以内では88%であったところ、5~6か月後には47%にまで有意に低下したとの報告があります(※1)。発症予防効果についても、6か月間の追跡調査の結果、2回目接種後7日以降2か月未満では96.2%であったところ、4か月以降では83.7%であり、経時的に低下していくことが確認されています(※2)。また、入院予防効果や重症化予防効果は、2回目接種から6か月後まで維持されるとの報告(※1、※3)がある一方、60歳以上において、接種完了から半年以降で重症例の発生率に上昇傾向が見られたという報告もあります(※4)。

モデルナ社のワクチンについても、発症予防効果や入院予防効果は、2回目接種から4か月以降でも90%以上であったとの報告(※5、※6、※7)がある一方、感染予防効果については、全年代において、2回目接種の約1~4か月後ではおおよそ97%であったところ、その約4か月後には80%前後に低下したという報告もあります(※6)。

アストラゼネカ社のワクチンについては、デルタ株に対して発症予防効果が2回目接種後2~9週で最大(66.7%)となり、その後20週以降で47.3%に低下したとの報告や、20週以降の入院予防効果や死亡予防効果の低下は限定的であったものの、高齢者や基礎疾患のある方ではより大きな入院予防効果の低下が確認されたとの報告があります(※8)。

このようなデータを踏まえ、厚生労働省の審議会で議論された結果、感染拡大防止及び重症化予防の観点から、2回の接種が完了した方を対象に、3回目接種を実施することとされました。

なお、オミクロン株に対しても、デルタ株と比較してその効果は低下するものの、発症予防効果等が確認されていますが、初回接種完了後、その効果は経時的に低下していくことが報告されています。オミクロン株についての詳細はこちらをご覧ください。

小児(5~11歳)の3回目接種についてはこちらをご覧ください。

(参考資料)
新型コロナワクチンの効果の推移(第26回 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より抜粋)
※1:Lancet. 2021; S0140-6736(21)02183-8
Effectiveness of mRNA BNT162b2 COVID-19 vaccine up to 6 months in a large integrated health system in the USA: a retrospective cohort study
※2:N Engl J Med. 2021; 385:1761-1773
Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine through 6 Months
※3:N Engl J Med. 2021; Oct
Waning of BNT162b2 Vaccine Protection against SARS-CoV-2 Infection in Qatar
※4:N Engl J Med. 2021; Oct
(Waning Immunity after the BNT162b2 Vaccine in Israel)
※5:N Engl J Med 2021; 385:1774-1785
Efficacy of the mRNA-1273 SARS-CoV-2 Vaccine at Completion of Blinded Phase
※6:medRxiv. 2021; Oct
(COVID-19 Vaccine Effectiveness by Product and Timing in New York State)
※7:CDC:Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR)
(Comparative Effectiveness of Moderna, Pfizer-BioNTech, and Janssen (Johnson & Johnson) Vaccines in Preventing COVID-19 Hospitalizations Among Adults Without Immunocompromising Conditions -- United States, March-August 2021)
※8:medRxiv. 2021; Oct
(Vaccine effectiveness and duration of protection of Comirnaty, Vaxzevria and Spikevax against mild and severe COVID-19 in the UK)

新型コロナワクチン
コールセンター

国内からおかけいただく場合
(フリーダイヤル)

0120-761770
海外からおかけいただく場合
(通話料がかかります)

(+81)50-3734-0348
対応言語
日本語英語中国語韓国語
ポルトガル語スペイン語タイ語ベトナム語
受付時間(土日・祝日も実施) ※日本時間
日本語英語中国語韓国語ポルトガル語スペイン語 9時00分~21時00分
タイ語 9時00分~18時00分
ベトナム語 10時00分~19時00分
聴覚に障害のある方は、
一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ
ご覧ください。