本文へ

文字サイズ変更

  • 標準
  • 特大
HOME Q&A 一覧 その他
ワクチン接種の証明書は発行されますか。

ワクチン接種の証明書は発行されますか。

接種後、接種を受けた日付と接種したワクチンの情報が記載された「接種済証」が発行されます。また、海外渡航先での入国時をはじめ、様々な場面で活用できるよう、接種時点で住民票のある(通常は接種券を発行した)自治体において、接種の事実を公的に証明する「接種証明書」も発行しています。

接種を受けた後、接種を受けた日付と接種したワクチンの情報が記載された「接種済証」が発行されます。この接種済証を見れば、いつ、どのワクチンを接種したのかが分かります。

接種済証の発行は、接種券を発行した自治体(接種時点で住民票のある自治体)が行うものです。接種券の右側に接種済証の様式が付いています(一部の自治体では、接種券とは別の紙で送付される場合もあります)ので、通常は申請しなくても、接種会場でシールの貼付と必要事項の記載を受けることで、証明を受けることができます。
また、職域接種等で接種券を持たずに接種を受けた場合には、接種を受けた日付やワクチンの情報を記載した「接種記録書」を受けとることができます。
接種済証や接種記録書は、日本国内での利用が可能です。

このほか、海外渡航先での入国時や、日本への入国・帰国後に待機期間の緩和措置を受ける場合、日本国内での利用等、様々な場面で活用できるよう、新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明する「接種証明書」を発行しています。取得にあたっては、接種時点で住民票のある自治体(通常は接種券を発行した自治体)への申請が必要です。自治体窓口等での書面による発行のほか、マイナンバーカードによる本人確認の上で、スマートフォン上の専用アプリでの発行、対象となるコンビニでの発行が可能です。詳しい申請方法は、申請先自治体のHP等をご確認ください。

接種証明書制度全般についてはこちらをご確認ください。
接種証明書専用のアプリについてはこちらをご確認ください。

新型コロナワクチン
コールセンター

国内からおかけいただく場合
(フリーダイヤル)

0120-761770
海外からおかけいただく場合
(通話料がかかります)

(+81)50-3734-0348
対応言語
日本語英語中国語韓国語
ポルトガル語スペイン語タイ語ベトナム語
受付時間(土日・祝日も実施) ※日本時間
日本語英語中国語韓国語ポルトガル語スペイン語 9時00分~21時00分
タイ語 9時00分~18時00分
ベトナム語 10時00分~19時00分
聴覚に障害のある方は、
一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ
ご覧ください。